スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ikken'ya vol.05

こんばんわ!!colors1年の川越 匠です。今回初ブログ更新です><

今日はikken'ya vol.05がせんだいメディアテークで行われました!!

今回の講師の方は小嶋一浩さんでした\(^^)/
小嶋一浩さんは、
京都大学工学建築学科卒業→シーラカンス設立(のちにCAtに改組)→東京大学工学部建築科助手~同大学の教授に
→横浜国立大学大学院"Y-GSA"教授。


主な作品には、スペースブロック・ハノイモデル(2003)、宮城県迫桜高校(2003)、リベラル・アーツ&サイエンス・カレッジ(カタール 2004)、千葉市立美浜打瀬小学校(2006)、ホーチミン建築大学(ベトナム 2005)、柿畑のサンクスハウス(2010)、宇土市立宇土小学校(2011)


主な著書に「CULTIVATE」(共著、TOTO出版2007)「空間練習帳」(共著、彰国社2011)


長々と小嶋一浩さんについて簡単にですが、説明させていただきました。
レクチャーでは、小嶋一浩さんが関わった作品で起きた問題点やどうしてその建物の構造にしたコンセプト、土木関係の方と建築家の考えは違っている。海外で建築の仕事をすることの有意義さ、などとても今の私たちにためになることばかりをお話していただきました!(^^)!


そして、小嶋一浩さんの提案で「MOOM」という作品を今回紹介していただいたのですが、この企画を今度clorsとY-GSAの方がたと共同で行いたいと、提案していただけました!!ぱちぱち><
本当にこの企画が実現されることを楽しみにしています!!


レクチャーについてほとんど書いてないような気がしてならないんですが・・・
今日ブログ更新を任されてから、なにを書こうか考えていたら、内容があまりにも思い出せなくなりました(-_-;)



最後に・・・
とてもいい雰囲気で参考になるレクチャーになってよかったです。



講師でお越しくださいました、小嶋一浩さん本当にありがとうございました!!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。