FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のぞく、たどる」企画始動!

はじめまして、こんにちは。
colors企画「のぞく、たどる」のT.Cを務めます高橋沙織(工大2年A科)です。

この企画はcolorsに所属する私たち二年生が、みんなで夜中まで話し合い、コンセプトを考え抜いてできあがった企画です。今までにない、新しいものをつくろう!とがんばりました。
展示は12月ですが、すでに開催に向けポスターつくりやスタディをくり返し行い、着々と進行しています。

それではここで、簡単にこの企画の説明をさせていただきます。(企画詳細・要項は後日掲載します!)
「のぞく、たどる」とは、小さな箱の中にみんなが思い描く非日常空間をつくり、その箱たちを足跡でたどってのぞいてみよう、という応募参加型企画です。
コンセプトのはじまりは、「みんながそれぞれ想像する、この世界とは違った世界=非日常的な空間を形にしたら面白いのではないだろうか」と思ったことからです。
ただし、空間といっても大きすぎては作れません。
ならばと、「小さな箱の中の空間を世界に見立て、その中に作ってみよう。そしてその箱をたくさん集めてみんなに見てもらおう。」となりました。
「のぞく」とはもちろん箱の中を見てもらうことですが、その言葉のとおりに箱には小さな穴しかあけることができません。箱の中を見るためにはのぞくしかありません。箱を手に取り、自由に見てもらおうというコンセプトのひとつです。
一体どんな作品が集まるか、今から楽しみです。
そして「たどる」とは、箱を展示する際にその箱ひとつひとつへ床面に点在する足あとのことです。
このイメージは、ジブリ作品のトトロのメイちゃんがちっちゃいトトロが落としたどんぐりを拾って、それをどんどんたどってトトロの森に迷い込んでしまう感じや、冬に降り積もった雪へ残された誰がつけたかわからない足あとです。
どちらも、最後までたどってみなければどこへ繋がっているかわかりませんよね。
メイちゃんはトトロに会いましたが、雪の日の足あとは途中で消えたりたどりきれなかったり。
足あとの主はどこへ行って何をみたのだろうか?
小さな頃、そんな風に残された足あとに好奇心を掻き立てられた記憶があります。
今回はわたしたち企画がその足あとを仕掛け、みなさんを楽しい、不思議な世界へと案内しようと考えています。


ここで連絡です!
こちらの詳細も後日掲載しますが、この企画は先にも言ったように応募参加型企画です。
「のぞく」のメインとなる箱=作品をわたしたちcolorsは募集します。
応募資格は東北工業大学の学生であること、学科は問いません。
募集は7/21に開始します。少しでもこの記事を読んで興味を持った方はコメントをどうぞ!
企画に関するご質問は随時このブログや、メールでも受け付けています。
みなさんの作品を、待ちしてます^^


T.C 沙織



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。